京都の北白川で手摺取付工事

2017/03/28

こんにちは。現場監督の清志郎です。

 

京都の北白川で手摺の取り付け工事をさせていただきました。

 

まずは手摺の支柱を立てるために穴を空けました。

階段の下には石や砂利がたくさんあり、穴空けが大変そうでしたが無事穴が空きました。

次に支柱を立ててみて高さなどの調整をしました。

調節が出来たらモルタルを流し込み固定させます。

そして完成しました。

手摺はアルミ製ではなく、樹脂でできているので冷たさを抑えてくれます。

階段の昇り降りが不安なお客様も手摺を付けることによって、

安心していただけると思います。