滋賀のマンションでインスペクション

2017/03/17

こんにちは。現場監督の清志郎です。

 

 

今日はマンションのインスペクションをしてもらいました。

 

インスペクションとは、建物に欠陥がないか、どのようなメンテナンスが必要か、

住戸の状態を専門知識を持ったプロの方に建物の状況を調査していただけるサービスです。

住宅の売買時にこのインスペクションをすることで、建物のコンディションを把握し、

安心して取引を行うことができます。

また、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用す るケースも増えています。

 

検査の対象となるのは建物の構造耐久力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分、

および専有部の給排水管路(専有部分)です。

建物の検査は2時間ほどで終わりました。

 

 

これからの中古住宅の取引では「インスペクション」が標準となってきます。

覚えておいてくださいね。