滋賀大津で京町家をリフォーム①

2017/08/28

こんにちは。現場監督の清志郎です。

 

6月から着工していた、大正15年に建った旧東海道沿いの

住宅リフォーム工事が完成しました。

 お客様のお困りごとは、古い建物だけに暑さや寒さを感じることと、段差を無くしたいという事でした。

 

まずは2階の天井板の貼り替えをし、屋根裏に断熱効果のある断熱材を敷き詰めました。

その時にこちらの棟札を見つけました。

今から91年も前なのですごい歴史がありますね。

次は土間で吹き抜けだった厨房を、床を作って段差を無くしバリアフリーにしました。

システムキッチンも新設し使い勝手の良いキッチンになりました。

トイレは元々あった場所から位置を変えて引き戸を取り付け、

便器は洋式便器とストールと分けてあったものから

新しく最新の洋式便器だけにし、

以前よりも広い空間が出来て使いやすくなりました。

お風呂も冷たい寒いタイル張のお風呂から

暖かいユニットバスになり新しくなりました。

入り口の段差も解消できて喜んでいただいてます。

続きはまた後日アップしたいと思います。