京都の宇治で新築工事の基礎着工

2017/11/16

こんにちは。現場監督の清志郎です。

 

10月末頃から着工しているN様邸の工事過程と写真を掲載します。

 

まずは雑草など抜いたりして更地にし、地盤の調査をしました。

その後ショベルで土を掘り出し、防湿シートを敷いて捨てコンクリートをしました。

 

次は配筋をしました。

配筋は鉄筋を組んでいき、コンクリートの強度を上げるための工程です。

そして生コンクリートを打っていきました。

基礎の立ち上がり部分にもコンクリートを打っていきます。

 

12月頃から上棟の予定です。

写真や過程などはまた後日報告していきます。