大津の石山で建物解体工事

2019/03/04

日本には約800万戸のも及ぶ空家があると言われています。

その内の多くが手つかずの状態であるのが現状です。

しかし昨年の台風などで、手入れをされていない建物は大きなダメージを受け、

壊れ、近隣の皆さんに御迷惑をかける事になってしまいます。

 

今回のお客様は、空き家になった御実家を、そうなる前に取り壊しされる決断をされました。

いつもは建物を建てる、または直す仕事をしていますが、今の日本では壊す仕事も重要だと思っています。

 

現在、解体工事は大変混みあっており、数ヶ月待ちは当たり前となっております。

建物解体をお考え中の方は、早めの御準備をお願い致します。