大津の高砂町で外装とウッドデッキのリフォーム

2019/06/23

今年も梅雨時期となりました。

皆様、大雨や台風などの備えを充分になさってください。

今回は昨年9月の台風により大きな被害を受けられた建物の修繕記録です。

外壁は木製のサイディング、ウッドデッキも耐候性の高い木材は使われていないようでした。

築20数年が経過していたとは言え、築年数以上に劣化が進んだ状態でもありました。

そこへ昨年、台風の被害に遭われてしまい、危険な状態にまでなってしまわれていました。

まずは足場の設置

倒壊したウッドデッキ・ウッドバルコニーを撤去し

建物出入りの為の仮設床と階段を取付しました。

屋根は瓦材の表面塗膜が剥がれ、ほぼ防水性の無い状態になっていました。

尚且つ、表面は苔で覆われ、水を吸い込みやすい環境に

まずは奇麗に洗浄し(これだけで真っ白に)

その後、屋根専用のシリコン塗料で塗装

防水性を復元したうえで、遮熱性能を向上させる塗料にしましたので、真夏の室内温度を下げる効果も期待できます。

つづいて外壁の塗装

浮いた釘などを打ち直し、窓廻りをコーキング

下塗り・上塗りと丁寧に仕上げさせてもらいました。

工事前は水色の外壁でしたが、今回は正反対のサーモンピンクに

なかなかHAPPYなカラーリングですね。

いよいよ足場も解体し、ウッドデッキの復旧です。

今回は腐食に強い南米産のイタウバ・フィエラというハードウッドを使用しています。

階段は既存の鉄骨フレームを再利用し、しっかり錆止め塗装してから

踏板をフィエラ材で取付して完成

元々デザインの良い建物

本当に見違えるように美しくなりました。

お客様にも大変喜んでいただき

安全で奇麗な建物に生まれ変わった事で

安心、快適、帰りたくなる家になったのではないでしょうか

御相談から完成まで長い時間がかかってしまいましたが、ありがとうございました。